中堅社員研修

研修名称

「作業と仕事の違いを実践する」

 

カリキュラム

1.役割の認識

企業が存続するためには、常に新たな価値(顧客からの期待に応え続け、時にはそれを上回ることで認められるレベル)を創造しながら商品とサービスを提供することであり、

あなたの役割は、筋肉(価値を生み出し企業として生き抜く力を発揮するもの)を身につけるために日々鍛錬し、お客様のために企業の現在と未来まで、継続して貢献ができる社員力をつける鍵をあなたが担い、率先垂範していること

そのためには、どう行動するのか?

役割に応じた仕事の中身「作業と改善」を知る!

 

2.中堅社員としての課題発見(個人ワーク:課題)

   自社分析

   普段から考えていた我が社の課題と考えられる主原因を10件書き出し優先順位をつける。

 

3.課題の優先順位検討

    重要度・緊急度評価(4象限分析)

   私の取り組み課題決定(自社改善計画の作成:優先課題2つ)

 

4.グループ討議

  ①自社改善計画の紹介とブラッシュアップのための質疑

  ②グループ代表発表

 

5.自社改善計画の修正(個人ワーク)

  グループ発表から学び自社改善計画を修正する

 

6.総括

  講師まとめ

 

研修内容は、改善のために適宜変更になります。

研修名

中堅幹部社員がリーダーシップを取る

企業を本当に変える「気力」つくりへの挑戦

 

カリキュラム

1.あなたへの期待

2.企業を本当に変える「気力」つくりへの挑戦

3.グループ討議

  あなたの会社での位置と360度役割

  何を期待されてどうするか?

  経営トップ⇒中堅社員⇒新人若手⇒自分自身

  グループ発表

4.個人行動計画作成発表

5.講師まとめ

 

所要時間:3時間

テキスト一部紹介
中堅幹部社員がリーダーシップを取る企業を本当に変える気力つくりへの挑戦一部紹介版
Microsoft Word 135.5 KB